コンカフェとは?ガールズバーやメイドカフェとの違いをわかりやすく解説!

最終更新:

コンカフェとは?ガールズバーやメイドカフェとの違いをわかりやすく解説!
目次[閉じる]

    いま話題のコンカフェとは?

    夢想空間どーぱみんΣ

    引用元:夢想空間どーぱみんΣ (池袋)公式サイト

    ・メイドのお給仕や異世界など独自のコンセプトを持つカフェのこと

    ・世界観に沿ったメニューや接客が提供される

     

    「コンカフェ」とは「コンセプトカフェ」の略称

    コンカフェとはある特定のコンセプトを持つカフェのことです。


    お店は独自の世界観に沿ったメニューや接客を提供し、お客様はそれらを通じてキャストとの非日常的な時間を楽しみます。

    お店が独自に設定している世界観の中に入り込んで、コンセプトにあわせたサービスの提供を受けられるというのがコンカフェの特徴となります。

    例えば、皆さんご存じのメイドカフェはコンカフェの種類のひとつ! 

    メイドさん(キャスト女性)がご主人様(お客さん)にお給仕するというコンセプトのお店だよ

    コンカフェの料金に関してはコチラ

    コンカフェには色々なコンセプトがある

    ひとくちにコンカフェといっても、設定されているコンセプトはお店ごとに様々です。

    超王道のメイド系をはじめ、キャスト女性がかわいい衣装を着てステージで踊ったり歌ったりするアイドル系・ゴシックな内装で小悪魔風の衣装を着た女の子とお話しできる悪魔系・ファンタジー風の内装や衣装で統一された異世界系など、実にバリエーション豊富!

    日常の延長として気楽に楽しめるゆるいコンセプトのコンカフェもあるよ! 世界観に入り込めるか不安な人は、まずはそういうお店から利用するのがいいかも

    客層は男性が中心

    コンカフェの多くは、女性キャストが身に着けるかわいい衣装や女性キャストとのコンセプトに沿った会話などを売りにしています。そのため、客層は男性が中心です。

    しかし、最近ではかわいい衣装や内装などに惹かれた女性客の姿も多くなっているほか、日本独自の文化に興味を持った外国人観光客の方も増えているようです。

    また、昨今、女性客をメインターゲットに男性キャストが接客する「メンズコンカフェ」(通称:メンコン)も流行しています。

     

     

    引用元:みんカフェ

    「メンズコンカフェ」に関してはコチラ

     

    コンカフェとガールズバーの違いは?

    ・コンカフェとガールズバーの違いはコンセプトの有無
    ・コンカフェにはカフェ業態とバー業態の2種類がある
    ・バー業態のコンカフェとガールズバーとの違いはあいまい

    コンカフェはカフェ業態・バー業態に分けられる

    コンカフェとよく比較されるのがガールズバーです。読者の方の中には「コンカフェとガールズバーの違いがわからない」「女の子と楽しくお話ししたいけど、どっちに行けばいいのかわからない」といった方も多いのではないでしょうか。

    確かに最近はコンカフェとガールズバーの違いがあいまいになってきているのよね

    コンカフェとガールズバーの違いについてしっかり知るために、まずはコンカフェの業態について確認しましょう。

    コンカフェは大きく「カフェ業態」「バー業態」という2つの業態に分けることができます。
     

      カフェ形態 バー形態
    主な楽しみ方 フードやドリンクの提供、アミューズメントを通じての会話がメイン お酒を飲みながら対面でキャストと会話することがメイン
    特徴 食事メニューやダンスパフォーマンスに力を注いでいるお店が多い 今やコンカフェの主流!独自の世界観の中で、キャストとの時間をより楽しめる
    営業時間 昼~終電前くらいまで営業しているお店が多い 夕方~深夜まで営業しているお店が多い
    (※週末は昼から営業しているお店もあり)
    料金 チャージ料+ワンドリンク制が多い ●●分飲み放題などセット料金制が多い

     

    カフェ業態のコンカフェの特徴

    引用元:X(旧Twitter)

    カフェ業態のコンカフェは、食事メニューの充実やステージでのダンスパフォーマンスに力を注いでいるお店が多いのが特徴です。

    クオリティの高い食事やライブをメインに楽しみながらキャストと会話できるほか、チェキ撮影など一緒に思い出を作ることができるアミューズメントもあります。

    通常のカフェと同じく昼間から営業しており、終電の時間までには閉まってしまうお店が多いです。
     

    バー業態のコンカフェの特徴

    引用元:公式サイト

    バー業態のコンカフェは、対面形式でコンカフェ嬢と一緒におしゃべりを楽しんだりお酒を飲んだりすることができる業態です。

    カフェ業態のコンカフェよりもキャストと密接なコミュニケーションを取れるのがバー業態の魅力です。カフェ業態と異なり夕方から深夜すぎまで営業しているお店が多いので、ナイトレジャーとして楽しむこともできます。

    今やコンカフェのメインの業態はバー業態だといっても過言ではないわね

    バー業態のコンカフェとガールズバーの違いはあいまい

    バー業態のコンカフェとガールズバーは、どちらもキャストと対面でおしゃべりをしながらお酒が楽しめるという点で共通している部分も多いです。

    しかしガールズバーは「女の子の接客」がウリなのに対して、コンカフェは「コンセプトに沿ったキャストの接客」をウリにしているのが違いです。

    お酒を飲みながら女の子とお話ししたいだけの方はガールズバー、飲酒や女の子との会話のほかにコンセプトに沿った非日常感を味わいたいならバー業態のコンカフェを利用すると良いでしょう。
     

    「お店ごとのコンセプトにハマって非日常感を味わいたい!」「お話よりもイベントを楽しみたい!」といった方はカフェ形態のコンカフェを利用するのがおすすめ!

    コンカフェとメイドカフェの違いは?

    ・メイドカフェはコンカフェという大きなジャンル中の一種
    ・メイドカフェの多くはカフェ業態
    ・王道でクラシカルな楽しみ方をしたい人におすすめ

    メイドカフェはコンカフェの中の一種

    めいどりーみん

    引用元:めいどりーみん公式サイト

    特定のコンセプトを打ち出したカフェの代表例といえば、「メイドカフェ」を想像する方も多いのではないでしょうか?

    記事をお読みの方の中には、メイドカフェとコンカフェの違いについて気になっている方もいるかもしれません。

    先述の通り、実はメイドカフェもコンカフェという大きなジャンルの中の一種としてまとめることができます!

    一般的なコンカフェとメイドカフェの違いを比較すると以下の通りとなります。

     
      メイドカフェ コンカフェ
    業態 カフェ形態のお店が多い バー形態のお店が多い
    特徴 充実した食事やドリンクの提供・ライブやショーを通じてキャストとのお話を楽しむことができる キャストと1:1の親密な会話をしたり一緒にお酒を飲んだりして楽しめる

    メイドカフェはカフェ業態のお店が多い

    メイドカフェは「キャストがメイドに扮し、ご帰宅したご主人様(お客様)へお給仕する」というコンセプトを持つコンカフェです。バー業態が主流になりつつあるコンカフェ業界ですが、メイドカフェはいまだにカフェ業態で営業しているお店も多いです。

    メイドカフェでは、オムライスへのお絵描きやチェキの撮影といったアミューズメントの他、お店によってはライブイベントなどを楽しむことができます。

    コンカフェの利用を検討している方の中で、「お酒を飲むのが苦手」「作りこまれた世界観を味わいたい!」といった方はカフェ業態のメイドカフェを利用すると良いでしょう。

     

    業態だけではなく、魔法少女やチャイナ、小悪魔など世界観に独自の要素を加えたメイドカフェも登場してきているから自分に合ったお店を探してみてね!

    コンカフェの種類について解説!

    コンカフェの種類

    ・コンカフェの種類はお店ごとに様々

    ・王道のメイド系からアイドル系、ファンタジー系、ナース系などがある

    コンカフェの種類

    コンカフェはお店それぞれに多種多様なコンセプトがあります。
    ここでは代表的な5つの種類をご紹介!

     

    種類 特徴
    メイド系 メイド服を着たキャストさんとおしゃべりをしたり、お酒を飲んだりして過ごせる。一番スタンダードなコンセプト
    アイドル系 圧巻のライブパフォーマンスと顔ランの高さが魅力!
    現役・元アイドルが在籍しているところも。
    ファンタジー系 魔法使い・異世界系など、現実離れした世界観が楽しめる。
    システムや衣装も一段とこだわったお店が多い。
    ナース・病院系 可愛い系や地雷系など、幅広い女の子が在籍。
    「お客様を治療するナース」がコンセプト。
    メンズコンカフェ 男性キャストが接客を行うコンカフェ。
    王子様や執事などをはじめ、豊富なコンセプトがある。

    メイド系コンカフェ

    引用元:秋葉原絶対領域 公式サイト

    メイド服を着たキャストが接客

    メイド系コンカフェとは、メイド服を着たキャストが接客してくれるスタイルのお店です。

    先ほど述べたメイドカフェも、メイド系コンカフェの一部。

    その他にも、メイドをベースとして「深海」「小悪魔」「猫耳」「ナース」など別のコンセプトを掛け合わせたお店もあります。

    アイドル系コンカフェ

    引用元:X(旧Twitter)

    現役アイドル・元アイドルが在籍

    アイドル系コンカフェは、本物のアイドルを目指している女の子や、現役アイドル、インフルエンサーなどが在籍しているお店です。

    まずはなんと言っても圧倒的顔ラン(顔面ランク)の高さが特徴。

    キャストと会っておしゃべりできるほか、ライブパフォーマンスやライブ配信を頻繁に行っているお店が多いので、本物のアイドルを推すように遊ぶことができます。


    「新たな推しを見つけたい」「とにかくビジュが良い子を求む」という方にピッタリではないでしょうか?

    ファンタジー系コンカフェ

    引用元:ウィッチズガーデン 公式サイト

    個性豊かなお店が多いのが特徴

    近年人気なのが、「異世界系」とも呼ばれるファンタジー系のコンカフェです。

    魔法使いや異世界転生した女の子がキャストとしてお給仕するなどといった、個性的なお店が多いのが特徴。

    独自通貨を用いた料金システムや凝りに凝ったキャストの自己紹介など、世界観の構築に力が入っているため、日常を忘れて思い切り楽しむことができますよ。

    ナース・病院系コンカフェ

    引用元:あるこほりっく 公式サイト

    可愛い系から地雷系まで幅広いタイプのキャストが在籍

    「お客様を患者さんに見立てて、ナース・女医に扮したキャスト女性が治療を行う」というコンセプトのナース・病院系コンカフェ。

    最近増えてきているコンセプトの一つです。

    可愛い系から地雷系まで幅広いタイプのキャストが在籍していて、お客様を甘やかしてくれたりSっ気溢れる対応をしてくれたりと接客の方法も様々。

    テキーラ注射による治療は、パーティ気分で盛り上がれること間違いなしです!(くれぐれも飲みすぎにはご注意を!)

    メンズコンカフェ

    引用元:MOESTA

    女性ではなく男性キャストが接客するコンカフェ

    メンズコンカフェ(メンコン)と呼ばれています。

    そのコンセプトも男性らしく、王子様や執事・メガネスーツといったコンセプトが多いです(アイドル系や学園系など、可愛らしいものもあり)。

    そんなメンズコンカフェはホストと比べリーズナブルかつ気楽に楽しめるのが大きな特徴!

     

    「メンズコンカフェ」に関してはコチラ

    風営法の許可をとっているお店の場合、18歳未満の入店はできないので注意!

    よくある質問

    Q.コンカフェ嬢と連絡先の交換はできる?

    A. カフェ業態でもバー業態でも、コンカフェではキャストとの連絡先交換は禁止です!

    ただしコンカフェ嬢たちはX(旧Twitter)やInstagramなどのSNSをやっていることが多いので、気になっている方はフォローすると良いでしょう。
     

    Q.コンカフェの営業時間は?

    A. コンカフェの営業時間は業態やお店によって異なりますが、カフェ業態のお店ならお昼くらいから終電の時間まで、バー業態のお店なら夕方から深夜まで営業しているのが一般的。

    また、昼間から夕方まではカフェ業態、夕方から夜はバー業態という二部制になっているコンカフェもあります。

     

    Q.コンカフェ嬢の年齢層は?

    A. コンカフェ嬢の年齢は、10代後半から20代前半であることがほとんどです。

    特に妹カフェや学園系コンカフェといった、フレッシュなキャストをウリにしているお店には若い女の子がたくさん在籍しています。

    キャストの年齢層が気になる方はお店のコンセプトにも注目してみてください。

     

    Q.コンカフェっていつできたの?どこ発祥?

    A. 常設店としてのコンカフェの発祥は、2000年に秋葉原ゲーマーズ本店内に登場した「Cafe de COSPA」(カフェ・ド・コスパ)だといわれています。

    Cafe de COSPAはコスプレ喫茶でしたが、翌年には「Cure Maid Cafe」(キュア・メイド・カフェ)としてリニューアルし、店内の制服がメイド服に統一されました。

    Cure Maid Cafeの開店から、メイド喫茶は全国各地に広がっていきました。また、年数を経るにつれてメイドだけでなく、巫女、シスター、アイドルなどコンセプトも多様化の一途をたどっていきます。

    バー形態のコンカフェが主流になったのはコロナ禍以降のこと。昨今は、いわゆる「萌え」から「女の子とのコミュニケーション」に主眼が置かれ始めているようです。